三歳の衣装

晴れ着の丸昌 > 三歳の衣装

七五三の起源〜三歳のお祝い〜

平安時代は、男女ともに生まれて7日目に産毛を剃り、3歳まで坊主頭で、3歳の春から髪をのばし始めました。碁盤の上に子供をのせ、髪置親をたて、白いすが糸で作ったかずらをかぶせて「髪置の儀」を行い、その後、最初はおかっぱに、前髪がのびてくると振り分けに、女子はやがて振り分けの「おすべらかし」となり、以後は、夫に先立たれることでもなければ、生涯髪を切りませんでした。室町時代に入ってからは、かなり複雑になり、日取りも11月15日に定められ、対象年齢も公家は2歳、武家は3歳と決められました。

上質衣装一覧

初めての着物体験にふさわしい、正絹の上質衣装を多く取り揃えました。
お子様の柔らかな感性に応える、しなやかな正絹のお祝い着をお選びください。

三歳のおすすめ衣装のご紹介

七歳の小物一覧

  • 七歳の衣装
  • 五歳の衣装
  • 三歳の衣装