七歳の衣装

晴れ着の丸昌 > 七歳の衣装

七五三の起源〜七歳のお祝い〜

鎌倉時代、子供の着物にひもをつけて着付けていましたが、このひもをとって帯を結ぶ儀式が始まりました。しかし「帯解の儀」となったのは室町時代からで、当初、男女ともに9歳で行われていたものが、江戸末期から、男子は5歳に、女子は7歳となり、日取りも11月15日と定められました。父親が息子の帯を締め、母親が娘の帯をかつぎ締めました。また、女子はこのとき初めて被衣をかぶる儀式もしました。

上質衣装一覧

「手描き友禅染」や「絞り染」、「汕頭刺繍」など、伝統技法を施した、上質な正絹の古典柄を中心に取り揃えました。
着付け時には「造り帯」は使用せず、着付け師が手で結ぶことにこだわります。

七歳の新作衣装・おすすめ衣装のご紹介

七歳の小物一覧

  • 七歳の衣装
  • 五歳の衣装
  • 三歳の衣装