五歳の衣装

晴れ着の丸昌 > 五歳の衣装

七五三の起源〜五歳のお祝い〜

平安時代、男児女児ともに3~4歳から6~7歳のときに、初めて袴をつける儀式を行いました。これも碁盤の上に子供を立たせ、腰結いの役の人が袴をつけました。この頃は吉日を選び行っておりましたが、室町時代に11月15日と定められ、江戸時代以降は、男子のみの風習となりました。現代でも宮中では古式にのっとった「着袴の儀」が行われています。

上質衣装一覧

5歳祝い着は、まだ幼さの漂う男の子のやんちゃな可愛さが引き立つように、余計な装飾の少ないシンプルで洗練された上質衣装をご用意しました。

五歳おすすめ衣装のご紹介

五歳の小物一覧

  • 七歳の衣装
  • 五歳の衣装
  • 三歳の衣装